まるくまもぐら通信

夜は占い師、昼はMBA持ち技術者。ビジネススキル、時事、占い。世界が明るく仲良く楽しくなりますように。                             

終わらない仕事、賽の河原、ハノイの塔あるいはシジフォスの神話

最近、職場で溜息や愚痴が多いように感じます。若い皆さんにも活気がないというか覇気がないというか。終わらない仕事に疲れてしまっています。

 

☆賽の河原☆

 一つ積んでは父のため、二つ積んでは母のため、、、、、、、、、、。不孝の報いで石塔を建てる子供ですが完成する前に鬼が来て壊されてしまい永遠に完成しない。賽の河原のお話ですね。

「報われない努力」「徒労」を意味する日本語です。

 

ハノイの塔☆

64枚毎の円盤をすべて隣の棒に移動させると世界が終焉を迎えると言われるゲームです。ãã¡ã¤ã«:Tower of Hanoi.jpeg

 

飛行機、船舶、ロケットとか大きな工業製品の製造は本当にこの作業みたいです。

一個の部品を修正しては、隣の部品を合わせちょっと修正し、隣の部品をさらに修正し、そのまたさらに隣の部品を修正し、ぐるぐる永遠にやっている感じです。

 

☆シジフォスの神話☆

アルベール・カミユも「シジフォスの神話」書いていますね。シジフォスはギリシャ神話の登場人物です。

シジフォスは神の怒りを買う。そして、大きな岩を山の頂まで運び上げるという刑罰を与えられる。頂上にまで運び上げられた岩は麓まで転げ落ちていく。シジフォスはまた運び上げなければならない。これを永遠に繰り返す。(カミユはこの繰り返しこそが人生であり、人生そのものが不条理であると捉えています。)

 

シーシュポスの神話 (新潮文庫)

シーシュポスの神話 (新潮文庫)

 

 

 

3歩進んで、2歩下がる。やっと終わったと思ったら振り出しに戻る。仕事もそんな感じの方が多いかもしれません。日常業務のほとんどは繰り返しです。やっと終わったと思ったら指示ミスなどで最初からやり直し残念極まりないです。

目的のない作業というものがどんなに苦痛であるか。果ての無い繰り返し作業ということがどれほど辛いものか。目的を明確にすることの重要さ、一歩一歩着実に前進し手戻りの無い仕事にすることの重要さを改めて認識しましょう。

 

どんな仕事でも上司は部下に対して「何のための」をはっきり示さなくてはならないし、部下もこの目的を常に見失わないようにしなくてはならないです。「目的」があればこそ辛いことでも頑張れるし、成し遂げた時には達成感が得られます。

 どんな仕事でも、作業を依頼するときには無駄な繰り返し手戻り無いようにきちんと計画して進めましょう。

 

 

☆労働する働くから、傍を楽する働くへ☆

苦行に耐えることが仕事ではありません。世の中を明るくハッピーなものにしていくことだと思います。楽しく仕事をしましょう

仕事なんて厳しく辛いことの方が圧倒的に多い。 いくら金のためと思っても遣り切れないこともあります。 これって、精神衛生上よろしくないし、第一イヤイヤ仕事をしたって良い結果など得られません。 楽しく仕事をしましょう。 では、どうやって? 「楽しい」という漢字に注目してみましょう「楽=ラク」という字です。

苦労せず、楽をするにはどうしたら良いかこれがきっとヒントになります。

 

  • 目的を見極めること

何の役にも立たないことをしていませんか? もう一度「何のためなのか」を考え、くだらない目的の仕事は思い切ってやめてしまいましょう。 また最短コースを走って目的達成できたらきっと気持ち良いです。

 

  • 計画をしっかり立てること

やり直し仕事をしていませんか? 逸る気持ちをぐっと押さえ、じっくり考え、がっちり計画を立てましょう。 計画がしっかり出来ていれば、あとはスイスイらくらくです。

 

  • やり方を工夫すること

「できない」という言葉を発していませんか? 人が足りない、時間が足りない。それは「今までと同じやり方」をしたらの話です。どんな職場でも無理無駄がたくさんあります。 仕事のやり方を変えましょう。

  • しくみを作ること

同じ失敗を繰り返していませんか? 誰にだって失敗はあります。 重要なのは、何故失敗したのかを徹底的に分析し、二度と同じ失敗をしないための具体的な手を打つことです。 自分だけの反省に留めず、他の人も失敗しない様なやり方・しくみを作りましょう。

 

楽しく仕事ができるのが一番です。

 

シジフォスといえばこんなの話題になっていました。

パチンコ玉が永遠にきれいな模様を描きながら転がり続けるテーブルです。

面白いこと考えるひといますね。

https://www.youtube.com/watch?v=aIk19upSPVY: embed